2016年09月30日

将来性がないのでクビにしたいというのは
それだけの理由だとトラブルになる可能性があり
もう一声なにかしらの事由があると良いです

もし業績が見合わないような状況であれば
将来性がないという理由より業績不良によって
辞めさせた方が良いかもしれませんね

あくまで現状が既に割に合っていない
というような理由にすることが望ましい訳です

その他には自主退社を促す選択肢もありますが
会社にしがみつくタイプのターゲットだと
別の手段を使った方が良いかもしれません


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 社員をクビにしたい │  

2016年09月09日

クビにしたいからといって一方的にクビを告げると
労務問題と化した場合にかなり不利になります

最近は通知を受けてから一部始終を録音などして
裁判に備えようとする従業員も多いと聞きますから
まずは通知する前にいろいろと準備をしておくべきです

でないと裁判などになった際
非常員不利な立場となってクビにできない
なんていう事例も実際にあるのです


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 社員をクビにしたい │  

2016年08月31日

直ぐクビにしたいと行動的に即解雇しても
トラブルになるだけですからその行動力を
辞めさせ屋などへの依頼に使った方が良いです

基本的にトラブルになる原因はターゲットが
不服として更に会社へ訴えることができるからで
本人が納得or訴えを起こせない状態であれば
トラブルにはならないということになります

多少黒いことを言ってしまえば
納得してなくても表沙汰にできなければ
トラブルにならない訳ですね


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 解雇 │