2016年08月18日

いくらターゲットをクビにしたいからといって
適切に動くことができなければ自分が不利になります

また原因が正当なものであるならまだしも
個人的な恨みなどが原因だと容易には動けません

私怨で動くとなると自分一人で考えがちですが
辞めさせ屋など第三者の介入も検討した上で
スムーズな選択肢を選んでいきたいものです


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 社員をクビにしたい │  

2016年08月15日

クビにしたいと思ったら必ず根拠があるものですが
時にはそれを捻じ曲げて違った理由で解雇した方が
結局スムーズだったという事があります

最たる例が個人的な恨みからくる衝動です

特に仕事とは関係ないところで辞めさせたいとか
クビにしたいと思うことは生きていれば1度はあり
良い方法が思いつけば実行した方もいるでしょう

それくらい普通にあることですが
なかなか私怨で辞めさせることは難しいですから
業績不振だとかもっともらしい理由を作って
解雇まで追い込んだという事例が多いはずです

ただ例外的な選択肢を1つ挙げておくと
こういう時に辞めさせ屋へ相談するものかなと
個人的に思ったりもします


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 解雇 │  

2016年08月08日

ケースによってはクビにしたい従業員が
裁判までして会社にしがみつく場合もあります

そんなの他人事だろうと思うかもしれませんが
大企業だけでなく中小でも事例はあったりします

しかし予め手を打っておけばおくほど
このように裁判になる可能性を減らせるばかりか
有利な辞めさせ方もできるようですから
しっかり準備をすることが大切なのかもしれません



コメント( 0 )トラックバック( 0 ) 社員をクビにしたい │