2015年09月

2015年09月23日

バイトをクビにしたい時は
まずその気配を匂わせることが有効です

アルバイトという雇用形態だと
意識があまり高くない方が多いもので
けっこうな割合で勝手に辞めていきます

ただこちらのタイミングでクビにできない
というデメリットはありますけどね


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) アルバイトクビにしたい │  

2015年09月16日

クビにしたいので何か問題をなすりつける
というのは辞めさせの常套手段です

だからこそ感づかれたりもするもので
あまり自分で何でもやってしまうのも考えものです

業者を頼らなくても仲間を作ることでも
このデメリットは少しずつ解消できるので
1人で動くというのはオススメできないと思います


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 問題 │  

2015年09月15日

特定の人物を会社からクビにしたい場合
何かしらクビになる理由を作ってしまうか
自分から辞めるようにするかの二択です

元々問題を抱えている人物であれば
あまり苦労せずに辞めさせることはできますが
個人的な恨みの場合だとクビは難しいです

ですが自分から辞めていくように仕向ける事は
不可能ではないゆえに辞めさせ屋などが
日々依頼を受けているという現状のようです


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 会社 │  

2015年09月12日

誰かをクビにしたい時は理由があるものですが
これが法的に認められるとは限りません

特に恨みなどの類になると
正面からクビにすることができません

なのでこのようなケースに陥った人の多くは
辞めさ屋に依頼をするという流れのようですね


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 理由 │  

2015年09月10日

クビにしたい社員があるなら
何かしら解雇するに相当する理由を出すか
自分から辞めていくようにする必要があります

どちらも可能なのであれば
遺恨が残らないのは後者の方です

退職理由が自己都合か会社都合かということですね

これはかなり大きな違いがあるので
自己都合にするために辞めさせ屋に依頼する事も
ケースとしては少なくないようですよ


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 社員 │