2016年02月

2016年02月26日

憎い同僚をクビにしたいと思うのはいいんですが
自分で法を探したり実行したりするというのは
発覚や退職のリスクがあるためオススメしません

餅は餅屋ともいますし辞めさせ屋がいますから
まずは相談をしてしまうのが成功への近道です

もちろん一人でやること自体は否定しませんが
よほど痕跡を残さないよう周到に動いていくなど
かなりの計画性が求められるのは間違いありません


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 解雇 │  

2016年02月09日

能力不足を理由にクビにしたい時は
建前として改善指導の記録なども必要ですが
今後のことについて話をするとアッサリ辞めます

逆にここで辞めない人間ほど記録を残しても
あとでトラブルに発展するような相手ですから
辞めさせ屋なども視野に入ってくると思います

ゴネたところでメリットも大きくないのに
法律が過保護になっている弊害かもしれませんね


コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 理由 │  

2016年02月01日

実のところ協調性がない社員だからといって
会社に実害がない限りはクビニしたいと思っても
クビにできないのが現実のようです

ただこれはあくまで正攻法での話であって
辞めさせ屋などを使えば話は別になってきます

どこまでクビにしたいという意識があるか
それ次第で辞めさせ屋に相談でもいいと思います



コメント( 0 )トラックバック( 0 ) クビにしたい 理由 │