クビにしたい 社員

2015年12月29日

いわゆるベテラン従業員をクビにしたい時は
その周りの取り巻きのことも考える必要があります

単なるベテランだけならまだしも
お局社員のような存在だと取り巻きも多く
一人クビにするだけでは済まない可能性もあって
勢いだけでやってはいけない状況になります

とはいえ辞めさせ屋などのプロを使えば
どうにかなるといえばそれまでなんですが



コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年11月17日

喫煙者員をクビにしたい場合についても
何かしらの合理的な理由が必要となってきます

例えば採用時に禁煙誓約したにも関わらず
業務中に喫煙をしていた場合などですね

勤務中は一切吸っていなかった場合については
解雇する合理的理由にならないという見方が多いです

まぁ考えてみれば喫煙者かどうかが問題ではなく
業務時間内に喫煙することが問題であるはずですから
この判断は間違いじゃないと思います

単に喫煙者がダメというのは私情ですからね


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月10日

クビにしたい社員があるなら
何かしら解雇するに相当する理由を出すか
自分から辞めていくようにする必要があります

どちらも可能なのであれば
遺恨が残らないのは後者の方です

退職理由が自己都合か会社都合かということですね

これはかなり大きな違いがあるので
自己都合にするために辞めさせ屋に依頼する事も
ケースとしては少なくないようですよ


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│