クビにしたい 理由

2016年02月09日

能力不足を理由にクビにしたい時は
建前として改善指導の記録なども必要ですが
今後のことについて話をするとアッサリ辞めます

逆にここで辞めない人間ほど記録を残しても
あとでトラブルに発展するような相手ですから
辞めさせ屋なども視野に入ってくると思います

ゴネたところでメリットも大きくないのに
法律が過保護になっている弊害かもしれませんね


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2016年02月01日

実のところ協調性がない社員だからといって
会社に実害がない限りはクビニしたいと思っても
クビにできないのが現実のようです

ただこれはあくまで正攻法での話であって
辞めさせ屋などを使えば話は別になってきます

どこまでクビにしたいという意識があるか
それ次第で辞めさせ屋に相談でもいいと思います



コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年10月03日

時間的な面から簡単にクビにしたいなら
解雇通知を出してしまうのが最速です

ですが給料を保障する必要があるなどの
デメリットも存在してしまいます

お金を取るか時間を取るか効率を取るかで
解雇・自主退社を迫る・辞めさせ屋など
選択肢が変わってくるものです


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月12日

誰かをクビにしたい時は理由があるものですが
これが法的に認められるとは限りません

特に恨みなどの類になると
正面からクビにすることができません

なのでこのようなケースに陥った人の多くは
辞めさ屋に依頼をするという流れのようですね


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│