方法

2016年06月30日

問題社員をクビにしたいけどできない
というケースは意外と少ないものです

例えば法に触れるようなことをしていれば
即刻懲戒解雇にすることができます

そこまで悪質でなくても指導改善を記録し
改善しなかったという理由で解雇も可能ですし
記録が残っていれば係争になっても有利です

どんな人間もクビにできないというは妄言なんです


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2016年02月26日

憎い同僚をクビにしたいと思うのはいいんですが
自分で法を探したり実行したりするというのは
発覚や退職のリスクがあるためオススメしません

餅は餅屋ともいますし辞めさせ屋がいますから
まずは相談をしてしまうのが成功への近道です

もちろん一人でやること自体は否定しませんが
よほど痕跡を残さないよう周到に動いていくなど
かなりの計画性が求められるのは間違いありません


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年12月17日

上司をクビにしたいとなると
自分一人でやれることは限られます

それこそ横領など不正の証拠を掴んだり
社内不倫などの現場を押さえるくらいが限界です

ですがターゲットの更に上長に取り入ったり
辞めさせ屋に依頼したりすれば行動の幅が広がります

一人で実行できない方法でしか難しいケースも
世の中には少なからず存在していますから
自分だけでは厳しいと感じたら他者を頼るのも
目的を果たすためには重要ではないかと思います


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年10月18日

クビにしたい=リストラというのも
ちょっと古い考え方になってきました

どちらかといえば自主退社を迫るのが
世の中のトレンドになっていますし
そちらの方が将来的なリスクが低いです

無理に解雇してトラブルになるくらいなら
辞めさせ屋を使ってでも自主退社させる
これくらいの勢いになっているかもしれません


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月23日

バイトをクビにしたい時は
まずその気配を匂わせることが有効です

アルバイトという雇用形態だと
意識があまり高くない方が多いもので
けっこうな割合で勝手に辞めていきます

ただこちらのタイミングでクビにできない
というデメリットはありますけどね


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│