理由

2016年09月30日

将来性がないのでクビにしたいというのは
それだけの理由だとトラブルになる可能性があり
もう一声なにかしらの事由があると良いです

もし業績が見合わないような状況であれば
将来性がないという理由より業績不良によって
辞めさせた方が良いかもしれませんね

あくまで現状が既に割に合っていない
というような理由にすることが望ましい訳です

その他には自主退社を促す選択肢もありますが
会社にしがみつくタイプのターゲットだと
別の手段を使った方が良いかもしれません


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2016年02月01日

実のところ協調性がない社員だからといって
会社に実害がない限りはクビニしたいと思っても
クビにできないのが現実のようです

ただこれはあくまで正攻法での話であって
辞めさせ屋などを使えば話は別になってきます

どこまでクビにしたいという意識があるか
それ次第で辞めさせ屋に相談でもいいと思います



コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月12日

誰かをクビにしたい時は理由があるものですが
これが法的に認められるとは限りません

特に恨みなどの類になると
正面からクビにすることができません

なのでこのようなケースに陥った人の多くは
辞めさ屋に依頼をするという流れのようですね


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│