解雇

2016年01月14日

採用した従業員をクビにしたい場合は
解雇相当の理由と改善指導などの記録が必要です

もちろん用意しなくても解雇は平然と行われてますが
トラブルになった時に会社が耐えられません

不必要なコストかけたくなければ
様々な記録を溜めておいた方がいいという事ですね

もっとも辞めさせ屋などを使って
自主退職にしてしまうと話は変わってきますが


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月12日

誰かをクビにしたい時は理由があるものですが
これが法的に認められるとは限りません

特に恨みなどの類になると
正面からクビにすることができません

なのでこのようなケースに陥った人の多くは
辞めさ屋に依頼をするという流れのようですね


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月08日

こいつをクビにしたい解雇したい
と皆がけっこう思ってたりするものです

ただそれを実行に移す人は一握りですよね

方法が分からなかったり忘れてしまったり
それで諦めてしまうくらいならいいんですが(汗)

どうしても諦めがつかないならば
辞めさせ屋というのも手だと思いますよ


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月06日

何の凹凸もないパートであれば
クビにしたいなら解雇するだけです

が、何故かパートのオバちゃんなどは
クセモノが多いのが一般的なイメージで
実際単に解雇するだけだとトラブルになります

なので場合によっては辞めさせ屋で工作というも
ケースとしては多くないですが実際あるようです


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│  

2015年09月02日

アルバイトをクビにしたいなら
できれば向こうから辞めるような
状況を作ってしまうのが一番スムーズです

アルバイトといえど従業員ですので
解雇するには相当する理由が必要になります

とんでもない損害を被るくらいなら
辞めさせ屋も手だとは思いますが・・・
どうメリットがあるのかというとこですよね

なのでケースバイケースだと思います


コメント( 0 )トラックバック( 0 )│